カトゥーン部会2017年度第2回研究会


日本マンガ学会カトゥーン部会2017年度第2回研究会のお知らせ

以下の要領で,2017年度第2回研究会を開きますので多くの方のご参加をお待ちしています。

茨木正治(部会責任者)
043-236-4650
ibaragi@rsch.tuis.ac.jp

  1. 日時
    2018年1月27日(土)14:00~18:00
  2. 場所
    立教大学12号館3階 B343教室(社会調査室)
    (〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1)
  3. 報告者・論題:今回は3名の方のご報告です。
    小野塚 佳代 氏(京都造形芸術大学)
    「『獣のような敵』――漫画からみる比喩表現について」
    横田吉昭 氏(日本漫画協会)
    「『公界』の住人としての漫画および「キャラクター」概念の一試論
    ――「無縁」の世界における「自由」な活動としての漫画――」
    孙旻乔 氏(名古屋大学)
    「手塚治虫のキャラクターは如何に死んだのか―手塚治虫キャラクターの死亡表現について―」
  4. 報告概要
    小野塚 氏
    近藤日出造を編集人として1940年11月から発行された雑誌『漫画』(漫画社)では、多くの擬人化表現がみられる。特に戦時下では多数の非人間化表現が確認できた。こうした擬人化、非人間化表現を含む、漫画にみられる一種の比喩表現に着目し、これを「あるイメージの抽出から生まれる連想の具現化」として確認する。一齣の中にも多くの情報を含む漫画から、その連想性、想像性について考察する。
    横田 氏
    網野善彦などが論及する、歴史的に存在してきた社会秩序が及ばない「公界、無縁、楽」という空間において、「漫画」につながるような図像表現は芸能・技能のひとつとして「自由」な立場にあり、「風刺」とされるような批判性、アナーキーさはそこに由来している、という試論であり、ぜひカートゥーン部会の皆様のご意見を承り、後に論文にまとめたいと考えている。
    孙 氏
    現在の日本のマンガの基本的手法を創立したのは「マンガの神様」と呼ばれる手塚治虫であると見なされているが、物語でキャラクターの負傷と死亡を表現することはその以前の作者及び外国の創作と比較する時の手塚の創作の独自性の一つとして指摘されている。例えば、マンガの原作者と評論家の大塚英志は『アトムの命題 手塚治虫と戦後まんがの主題』(2009)でアメリカのディズニー社が創造したキャラクターと手塚の作品におけるキャラクターを比較する時、前者が外形においてデフォルメ化の程度が高いだけでなく、いかなる場面においても傷つくことも死ぬことも描かれていないため、「記号の集積に過ぎない、非リアリズム的手法で描かれ」(大塚,2009:137)ているキャラクターであると主張している一方、手塚が「記号の集積に過ぎない、非リアリズム的手法で描かれたキャラクターに、撃たれれば血を流す生身の肉体」(同:137)を与えたのだと指摘している。しかし、ディズニーの作品を見れば、そのキャラクターは決して大塚が指摘しているように負傷や死亡と無縁である存在ではない。例えば、ディズニーの早期作品の『白雪姫』においても『バンビ』においても死亡は重要な課題である。また、手塚以前の作品、例えば『のらくろ』においてキャラクターの死亡シーンも存在している。
    大塚の観点にどのような「誤差」があるのか、ディズニーや従来のマンガと比べる時、手塚のキャラクター表現にどのような独自性が見えるのか。本稿はキャラクターの死亡表現を中心とし、ディズニーのキャラクターの死亡表現を再考察し、それと手塚治虫の作品におけるキャラクターの死亡表現を比較しながら両者の共通点と相違点を明らかにする。また、その同異の内因を分析することによって、手塚をのキャラクター表現の独自性を考える。
カテゴリー: カトゥーン部会