九州マンガ交流部会 第64回例会 & 第9回女性MANGA国際会議


<日本マンガ学会九州交流部会第64回例会 & 第9回女性MANGA国際会議>

公開研究会 表現の自由と漫画/規制/女性を巡って
―永山薫『エロマンガ・スタディーズ』日本を越えるー記念イベントー

2021年3月21日(日) 13:00-17:30

【企画趣旨】
マンガやアニメ、日本という国そのものの有害な例として、成人向け漫画、すなわちエロマンガは槍玉に挙げられがちだ。批判的な言葉を宣言する国際的な組織は、規制に猛進する分、その背景には思い込みや誤解があることが少なくない。ポップカルチャーかつ軽視されているコンテンツとしてのマンガを巡る鬩ぎ合いは、表現の自由と限界についての議論を呼んでいる。この状態を背景にして、永山薫の『増補エロマンガ・スタディーズ』(ちくま、2014年)の英訳版がErotic Comics in Japan: An Introduction to Eromanga (Amsterdam University Press, 2020)として出版された。この記念イベントは著者と翻訳者にマンガ・性・表現の自由と規制を専門とする研究者を引き合わせ、より生産的で開かれた議論を求めるものである。

【出演者】
永山薫(評論家)
大城房美(筑紫女学園大学)
ガルブレイス・パトリック・W(専修大学)
杉本バウエンス・ジェシカ(龍谷大学)
長池一美(大分大学)
竹内美帆(筑紫女学園大学)
濱野健(北九州市立大学)

【申込み方法】
こちらから登録して下さい

登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。届かない場合は迷惑メールフォルダなどをご確認下さい。

【使用言語】
本研究会は日本語で実施します。

【当日の詳細なスケジュールについて】
企画の詳細は以下のサイトにて随時更新します。

【お願い】
・参加につきましてはマイクをミュートでお願いいたします。
・講座の画像や動画の撮影・記録・保存・公開等はご遠慮願います。

【問い合わせ】
濱野健(北九州市立大学):hamano@kitakyu-u.ac.jp

【共催】
女性MANGA研究プロジェクト:
女性MANGA研究: 主体性表現と規制ー異文化を繋ぐ(科学研究費補助金基盤研究(B)課題番号20H01225)

カテゴリー: 九州マンガ交流部会, 部会